古いファッションを脱ぎ捨てるように婚姻関係も衣替え!

ファッション感覚で離婚したいなら準備が大事!

お手軽離婚が増えてきた

離婚したい時に相手が応じなかったら裁判を起こせばいいと、簡単に思っていませんか。
「離婚しましょう」「嫌だ」、「では、裁判しましょう」とはいきません。
離婚裁判は最終手段で、その前に段階を踏まなければならないのです。
古い婚姻関係を軽やかに脱ぎ捨てて身軽になるためにも、まずは最もスムーズな離婚方法を学びましょう。

3種類の離婚方法

まず、離婚には3種類あります。
「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」です。
「協議離婚」とはお互いに納得して離婚届にサインをしてする離婚です。
専門機関を通さないので離婚届の証人欄に2名の第三者のサインがいります。
「調停離婚」は調停で離婚する場合の慰謝料や財産分与の話し合い、または離婚の話が二人だけでは進まない場合に調停員を間に入れて話を進める離婚です。
「裁判離婚」は、この調停でお互いの意見が合わない場合に不調となり、裁判へと進むのです。

裁判離婚には意外にお金がかかる

笑顔でほほえむ友達同士簡単に裁判といいますが、裁判を起こすとなると素人が一人で行うのは大変です。
ほとんどのケースでは弁護士を雇うことになり、それなりの費用がかかります。
離婚する場合の弁護士費用は無事に離婚が出来たときに相手からの慰謝料で払うとか、それなりの補助金が出るとか、甘い考えを持っている人もいらっしゃるでしょう。
しかし、現実はそんなに甘くはありません。
最初に手付金を払ったりしなければなりませんし、相手がお金を持っていない場合、「ない袖は振れない」となります。
しかし裁判の費用は払わなければなりません。
離婚に至るまでの道はけっこう険しいのです。

離婚問題は情報収集から始めよう

なので、まずは離婚したいと思ったら、費用のことを考えてお金を貯めることが大事です。
そして情報を集めましょう。
離婚は慎重にじっくり考えて、どうしても離婚したいとなったら着々と準備を始めましょう。
またお子さんがいる場合は、なおさらお金のことなどきちんと調べてから行動した方がいいです。
そして大事なのは、離婚を弁護士に相談することです。
お医者さんにも専門の科があるように、弁護士にも得意分野があります。
自分の気持ちを理解して話をすすめてくれる弁護士を納得のいくまで探してください。

最新のオンライン離婚情報