離婚裁判にかかる弁護士費用はどのくらいか

弁護士費用はピンからキリまで

離婚するにあたり、間に弁護士に入ってもらうという場合には、当然、弁護士費用がかかることになります。
その金額はピンからキリまでとなっています。
弁護士事務所によって設定額が違っているからです。

訴訟内容によって弁護士の報酬額も変わってくる

また、内容によっても違ってくることがあります。
例えば、裁判沙汰になってしまった場合です。
子どもが居ることで親権をどうするのか、養育費はどうするのかといったことでもめることがあります。
話し合いで決まらない場合には裁判になります。
そうすると日数はもちろんのこと、裁判の費用もかかってくることになります。

弁護士費用+訴訟費用となると膨大な額に跳ね上がります

こうなってくると、数十万円でおさまることはありません。
長引けば長引くほど、費用もかかってしまいます。
それこそ、財産分与のお金が弁護士費用に費やされてしまうことも少なくありません。
できるだけ穏便に事を済ませたいというのであれば、なるべく裁判にならないようにすることをお勧めします。
そうすれば、単純に、離婚するまでの手続き関係にかかる費用と、弁護士に相談した費用とだけで済ませることができるからです。

無料相談で感触を掴み、弁護士事務所を比較しよう

少しでも費用をかけたくないという場合には、じっくりと弁護士事務所を比較検討することをお勧めします。
初回の相談だけは無料で承っているという弁護士事務所も最近は増えてきています。
まずは、無料相談会などを活用してみるといいかもしれません。
その時の弁護士の対応などによって、信頼できるかどうか品定めをし、本格的に相談できるところを選択します。
費用は初回に支払うこともありますが、最終的には全部にかかった費用を請求されることになります。
財産分与なども割とスムーズに行えた場合でも、手続きが終了するまでに日数があまりにもかかっていれば、その分、請求額が増えてしまうこともあります。