離婚体験談:自分の離婚原因は妻との金銭感覚の違いです。

金銭感覚が原因の離婚

自分は3年前に離婚しました。
今では離婚して本当に良かったと実感しています。
自分の離婚原因は、妻と金銭感覚が合わなかったという事です。

食費が月に30万円かかるという異常さ

日々の生活で必要な食費も、月に30万ほどかかっていました。
自分の安月給では当然やりくりはできず、とても苦しい日々を送っていたのです。
このままでは生活できないため、妻にどうにからならないものかと相談したところ、一切聞く耳をもってくれませんでした。
そればかりか、生活費に余裕がないのにも関わらず、自分の好きな洋服やバックまで購入するようになったのです。

妻の金銭感覚と差別的な意識が我慢できなかった

また、こんな事もありました。
金銭的にあまり裕福ではない私の家族に対しても、見下した発言を時々するような事もあったのです。
自分の事ならまだしも、家族に対しての暴言はどうしても許す事はできませんでした。
ですから、自分は離婚する事にしたのです。

別居期間を経て協議離婚

自分の場合は別居期間を経て妻と離婚しました。
最終的には離婚して良かったと思うのですが、子供に対しては申し訳ないという気持しかありません。
今現在でも子供と定期的に合うのですが、楽しそうに遊んでいる子供の顔をみるたびにかわいそうな事をしたなと思います。
しかし、やはり離婚して辛く厳しい毎日から抜け出す事ができ、心から嬉しく思う気持ちの方が強いです。

子どものことだけが心残り

はじめは子供の笑顔を絶やしたくないと思いやり直そうと試みましたが、あの辛く厳しい日々に戻る事は考えられなかったので、これで良かったと感じています。
離婚してもう3年になりますが、あの時の決断は間違っていないと自分では確信しています。
これから結婚なさる皆さんは、価値観が同じ人を選ぶと良いでしょう。
くれぐれも自分のような失敗をしないようにして下さい。
皆さんの参考になれば嬉しく思います。